CULTURE

韓国ALAND現地レポートも最終回となりました‼
vol.3ではリアルに韓国で売れているものを4つのカテゴリ毎にご紹介♡

これから日本で流行る事間違いなし!?
ランキング必見です♡

~メンズアパレル編~


1. MEANDER:FINE WOOL SEMI OVER KNIT


カシミア素材で着心地が柔らかく、保温性が高いアイテム。
生地特有の自然なドレープで、着用時のルーズフィット感が特徴。


秋~春まで長く使えるベーシックな形で色展開も豊富なので、国内全店舗で人気です。

2. WKNDRS:H.O.F VARSITY JK


“HALL OF FAME”をモチーフにデザインされたバーシティジャケット。
前面のWKNDRSのコンセプトの刺繡や、袖のワッペンで他にはないユーモアあるデザインに。
保温性に優れ真冬までしっかり着られるため、引き続き人気のあるアイテム。

3. LIEU HOMME : TR BANDING SLACKS


気心地が良く、カジュアル・キレイめなど多様に演出できるアイテムなので、一度お買い上げされたお客さまが他のカラーも買いに来てくださることが多い、再購買率の高いアイテム。

~ウィメンズアパレル編~


1. MAGPIEROBIN : VELVET TRAINING SET


今期、再ブームのベルベット素材のセットアップは、20代女性のお客さまから問い合わせが1番多いアイテム。
あらゆるカラーのベルベット素材のアイテムを芸能人やインフルエンサーが多く着用しているので、ファッションが好きなお客さまに人気。
上下セット着用が難しいとなと感じる方は、パンツだけを購買することも。

2. 5252 BY O!Oi:HOODIE


10代の学生のお客さまから問い合わせが多いアイテム。
ロゴ有りのフード付きパーカーの中で、最も人気のあるクリームカラーは頻繁に品切れになることも。
最近ブランドモデルがアイドルのBLACKPINKのロゼになったことも学生さんに人気のある理由だそうです。

3. DEARSTALKER:セミブーツカットパンツ


お求め安い価格帯で気軽に着用できるアイテムが多い「DEARSTALKER」。
年齢に関係なく、気に入ったアイテムを色違いで購入するお客さまも多いとのこと。
その中でも特にセミブーツカットのパンツ類は週2回以上も再入荷されていて、人気のカラーは品切れが早いアイテム。

~雑貨編~


1.UNDERCONTROL:HAT


様々な素材やデザインのバケットハットとビーニーの中でも、販売数が多いのは「UNDERCONTROL」。


その他にもUNALLOYED、O!Oiのような個性的なブランドから出している派手なプリントのビーニーもファッション好きには人気のアイテム。

2. MEETMETMEET / BAN:CROSS BAG


今シーズンの新商品として入荷したエナメル感のあるクロスバッグのほか、フェイクレザーや紙のような質感のミニバッグが20代女性のお客さまに人気のアイテム。
小物しか収納できないほどのミニバッグが今韓国では流行っていて、世界観のあるMEETMETMEET製品が人気。


また、男性のお客さまにはBANのレザークロスバッグが一番人気です。
同じようなデザインのバッグでもいろいろなサイズ展開があるので、自分の好みに合わせて選べることが人気の理由。

3. WIGGLE WIGGLE:ノートパソコンポーチ、携帯ケース、スマホグリップ


いつも持っているスマホを自分好みにスタイリングができるというところから10~20代女性のお客さまに大人気。
SAMSUNGのGalaxy Flip シリーズがヒットした影響で、洋服だけではなくスマホも1つのファッションアイテムとして位置づけられています。
着用する洋服よりもスマホなら抵抗なく派手なスタイリングが出来るのと、MZ世代(ミレニアル世代+Z世代)にはお手頃価格でファッションやトレンドを楽しめることからずっと人気があります。
また、WIGGLE WIGGLEはスマホアイテムだけではなく、誕生日用のキャンドルやポストカードなども人気です。

~アクセサリー編~



昨年の夏から流行り始めたヘアシュシュブームによって、ファーやレザー、ベルベットなどの素材を使ったアイテムがたくさん入荷中。夏だけでなく、冬にも使えるファッションアイテムとして定番アイテムになりつつあるそうです。
夏にはビーズで作られたブレスレットやリングが流行っていましたが、冬が近づくにつれて、シンプルでユニークなデザインのシルバーアクセサリー(イヤリングやリング)が注目されています。


人気なアイテムをみていくと、韓国で今どんなものが流行っているのか、秋冬は何をゲットしたらいいかがよくわかりますね♡

まだまだ気軽に韓国に行けないからこそ…
この記事で韓国を近くに感じてみて下さいね~‼

TAG

CULTURE

HOME